ベビー服には独特の工夫があります。
赤ちゃんが着用する服ということもありお肌に刺激が無いようにやわらかい素材で出来ているのですが、それ以外にも肌触りをよくするための工夫をしています。
例えばタグなどは通常服の内側に付けられているものなのですが、ベビー服については外側についているのです。
さらに縁を縫う場合も内側に向けて本来は縫うものの、こちらも外側に向けて縫うようになっています。
これは内側にタグを付けたり縫ったりしますとこすれて赤ちゃんに不快感を与えてしまうからなのです。
大人の場合は問題はありませんが、赤ちゃんのお肌は大人よりももっと敏感になっていますのでほんの少しの刺激であっても悪影響を及ぼすのです。
ですのでベビー服は赤ちゃんのための工夫がかなり沢山盛り込まれているのです。
もしもベビー服を購入するのでしたら、実際に触ってみて肌触りがいいのかどうかを確かめてから買うのもお勧めです。
大人と赤ちゃんとは感覚が違いますが、手の甲などで触ってみて質感を感じてください。
これで違和感を感じないもの、そしてがさがさしないものでしたら購入する価値があります。
また先程のタグや縫い方の工夫があるのかどうかも見て選んでください。