介護に適したシューズの選び方

病気やけが、障害で歩行が不安定になったり痛みを伴ったりする場合もありますし、高齢者になるとだんだんと足腰が弱くなり痛みがあったり不安定になったりする場合が起こって来ます。そんな時に、注目したいのが介護に適したシューズです。むくみがあると普通の靴が履きづらくなったりします。こんな時でも、介護に適したシューズであれば幅広くなっていて、マジックテープで着脱できるので履きやすさや脱ぎやすさがあります。また、病気や障害によって足首や足底に装具や足底版を付けることが必要となる場合も出て来ますが、こんな時にも介護に適した装具を付けた状態でも履けるシューズがあるので、これまで靴選びに悩んでいた方でも見つかるようになります。そして、リウマチではよく足の指やアーチ部分が侵されて、変形や痛みがあるので歩行に苦痛を感じるようになりますし、外反母趾で悩んでいる方にも、介護に適したシューズならその悩みを軽減してくれるでしょう。甲部を左右に開いて足を入れてから、マジックテープで止めるので簡単に履くことが出来ますし、甲部の前上部に甲ゴムが付いているものもあるので、履きやすい設計になっています。歩行に痛みや支障があると、靴選びには悩んでしまうものですし、外出はおろか室内での歩行にも苦痛を感じることが多くなります。特に、高齢者の場合は、それがもとで億劫になってしまうために家に閉じこもりがちになってしまうことで、身体機能がさらに悪化してしまうことも良くある話です。そのためにも、出来るだけ靴選びを慎重に行うことがとても大切なことです。自分の足で歩くと言うことは、精神的にも前向きになり自立心が芽生えてくるものです。そのためにも、介護に適したシューズを選ぶようにする価値があると言えます。現在では、インターネットでたくさんの商品が販売されていますので、最寄りでは見つからない靴でも探しやすくなっています。ただし、実際に試し履きをしてみることが間違いのない買い物になるのは否めません。施設や病院、介護用品の取扱店でも、試し履きが出来るようになっています。自分の状態に合う靴を実際に試してみるのも良いでしょう。また、理学療法士や看護師に相談をすると、適した靴を提案してくれることもあるので、参考にしてみると役立ちます。歩行の楽しさをとりもどすためにも、靴を工夫して選んでみるだけでも、ずいぶんと負担や痛みを軽減することに役立つので、ぜひ、お試し下さい。