高齢者のなかで最も事故の多い場所に自宅の浴室とあります。裸で過ごし、水場ということもあり足が滑りやすいので転倒しやすい条件が多くあります。浴室では体を洗ったり、頭を洗う際にはどうしても目をつぶってしまい、体のバランスがとりにくい状態です。その転倒防止を防ぐものにベストポジションバーがあります。この入浴用品は立ち上がりやシャワーチェアや浴槽へ入る時などに行う上下の動作の時にとても活躍します。天井と床の縦を1つのポールでしっかり支えることで、安定のある手すりが簡単に設置できます。工事を伴わない手すりなのでとても便利であり、経済的に安く済みます。縦の動作を十分に安心して行えるので、多くが浴槽の近くに設置しています。その設置方法も床と天井でしっかりと固定しつつ、さらに安定感を持たせるように浴槽の縁にも固定できるようになっています。浴槽の縁のあたりでは体の縦の動作に加えて片足になって体を支えなければならないので、このベストポジションバーがあれば足だけの力で体を支えることなく、腕の力でも体を支えられます。しっかりと握れるように手で握る場所にすべり止めも施しています。別途付属品としてグリップアームの設置ができます。これはベストポジションバーの手で握る場所に設置できるようになっています。凹凸のあるグリップなので、手のひらでしっかりと握ることができます。段違いで握ることができるので、より安定的に体を支えられます。グリップアームの長さも2種類あり、短い方はベストポジションバーと並行となっています。長い方は下の部分がベストポジションバーから上部より離れている末広がりのような形のものとなっているので、使いやすい方を選べます。もう1つ、別途付属品があり、ベストポジションバーを囲むように手すりが付けられるフープアームがあります。縦手すりで立ち上がりにくい場合にはこちらを利用します。両手で同じ高さで体を支える方が安定感があるという人にとって使いやすいものとなっています。こちらにも握る部分に凹凸がほどこしてあるので、手のひらでしっかりと握ることができます。こちらの商品はどの浴室に付けられると言うことはなく、天井が斜めになっているものは設置ができません。あくまでも水平な天井と、床も排水溝などの凹凸がないこととします。浴槽の縁に取り付ける部分も形状によっては付けられないものがあるので、購入前には自宅の浴室をしっかり調べる必要があります。入浴用品は他にもありますが、入浴用品として工事を必要としない手すりはこの商品が最も安定的に使用できるので、介護用品を取り扱っているお店でもとても進めている商品です。