身体機能が低下した高齢者の方にとって、歩行することは重要な動作となります。これは更なる身体能力の低下を防ぐ為にも重要で、この歩行をサポートする為には杖の活用が非常に効果的なものとなるのです。この福祉用具は敬老の日のプレゼントとしても最適なものです。この高齢者の方の歩行をサポートする杖は、幾つかの種類があります。その中でも、ステッキの形状をした杖や、折りたたみ式の杖、関節に不具合があっても使える杖などは、身体機能に問題がある方でも使用できるものです。実際に杖を選ぶ際には、基本的な機能や、敬老の日にプレゼントされる方の身体上の不具合なども検討して、福祉用具を専門に販売するお店で購入する事が大切です。この福祉用具の杖を選ぶときは、使用する方に身体機能で大きな問題がある場合には、事前に専門家に相談する事が大切です。杖を使う際には、最適なものを選択する事で身体的な機能を効率良く活用でき、この低下を防ぐ事ができます。そのため、身体的な機能を向上させるためにも、専門家による適切なアドバイスの下、最適な敬老の日のプレゼントを選ぶ事が大切なのです。また、この杖を選ぶ際には、その長さが重要なポイントとなります。杖のグリップの位置や体重をかけるときの姿勢などを考慮し、バランスの取りやすい長さを決める事が重要になります。この長さは、腰骨から足元までの距離と同等のものを選ぶ事が重要で、姿勢によっても長さが異なるので、慎重に選ぶ必要があります。また、杖のグリップの位置も重要で、直立姿勢で杖を垂直に立て、手首のところがグリップの位置の目安となります。この時に、歩行でひじが適度に曲がる事が条件です。また、杖の種類としては、横木とグリップが取り付けてあるものがあります。このグリップを握った際には、横木の上に腕をのせ、バンドで固定して上半身を支えることができます。この杖は、関節の障害などで、手首や肘などの機能面に問題があり、手首やひじなどが自由にのばせない方に適したものです。また、杖の中には、上部のグリップに固定する装置がつき、腕を通すことで強固に固定できるものがあります。この杖の場合は、複数の箇所で上半身を支えることができるので、杖を使っても腕が使えます。この杖は、下半身が麻痺した方にも利用されるもので、下肢の筋力が低下し上手くバランスが取れない方や、股関節に問題がある高齢者の方に最適な杖となります。