秋になると、服飾メーカーの動きが気になってきます。
どのような動きが気になるのかというと、ズバリ、今年の冬物です。
今年はコートを新しくしたいと考えているので、アウター、それもあったか系のコートを中心に、関心を寄せています。
秋の訪れを感じ始める10月の初旬頃、つまり、今頃の季節ですが、このころ、服飾メーカーからよく発表されるのが、今年の真冬のウエアです。
先日も、大手服飾メーカーが驚異的に軽いダウンジャケットについて発表したかと思うと、それに追いつこうとするかのように、別のメーカーがやはり同じように軽いダウンジャケットの発売を発表していました。
夏の節電同様、今年の冬は、暖房器具の節電も考えないといけないことから、より軽量化し、室内で着られるダウンジャケット、というところがコンセプトのようです。
こうした各メーカーの動きをにらみながら、消費者としては、どこの商品がもっとも品質がよく、価格対効果が高いかを考えているところです。