パネルなどの販促POPを使う

小売店などでは、来店したお客さんに対していかにして展示している商品を目立たせるか、あるいは興味を持ってもらえるかは店の売り上げに大きく関わってくる問題です。入店したその時から販促は始まっています。買ってほしい商品を一番目立つ場所に置いたり、展示方法を工夫したりするのはどの店でもしていることです。それだけでは他店よりも大きく売り上げを伸ばすことは難しいです。そこで利用したいのが、様々な販促POPです。
販促POPは、大きく分けると5つあります。スイングPOP、スタンドPOP、プライスPOP、ブックエンドPOP、トップボードパネルです。これらを店内に有効に配置することで、客の目を引き付け、商品の魅力を伝えたうえで販売へと結びつけることができるのです。

それぞれの販促POPの特徴

5つの販促POPにはそれぞれ特徴があります。
まずスイングPOPですが、常にゆらゆらと揺れ動きます。エアコンから出る風や人が通過することで起こる風などの微妙な空気の動きを感知して動きますので、人の目を惹きつけやすく、目立ちやすいという効果を持っています。スタンドPOPはテーブルなどに立て掛けてあるもので、わかりやすく目立ちやすいという特徴を持っています。3つ目のプライスPOPは棚にあるレールに装着できるタイプで、高級感を出したり差別化を図ったりすることができます。ブックエンドPOPは、陳列棚の中を仕切るように取り付けるもので、お客さんの目線を誘導し、商品の差別化を図ってくれます。最後のトップボードパネルは、陳列棚の上部に取り付けて、商品を大きく目立たせる効果を持っています。

トップボードパネル

販促POPの中でも特に大きな宣伝効果を上げることができるのが、トップボードパネルです。多くの場合、棚の上部に取り付けあります。棚自体が高く、上部にあるというのは、当然顧客の目線の位置にあるということになります。
お客さんは店内を歩くたびに、それを目にすることになります。トップボードパネル自体が広くて大きいものが多いので、それだけでも否応なく目に入りますし、カラフルな色彩を使うことでさらに目立つようになります。軽くて丈夫にできており、取り付けも簡単です。棚の種類によって取り付けられないということがないように、マグネットタイプなどもあるので、どんな棚でも取り付けることができます。様々な利用価値があるトップボードパネルは、多くの店で利用されています。

イニシャルコストを徹底的に省いた独自の自社生産方式により、業界屈指の低価格を実現! お客様のあらゆるご相談にお答えする高い柔軟性! イチ押し・オススメ商品の拡販なら、販促ツールの一番人気「スイングPOP」を! 業界を問わず、販促を強化したい企業様から幅広くご注文をいただいております・ 製品サンプルの無料お届けが可能です。 北海道から沖縄まで、日本全国からご注文を承っております。(離島を除く) 販促のためのパネル制作はおまかせ|販促モア